旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

パリ北駅 旅人が交差するところ

パリの北の玄関口である北駅 (Gare du Nord)。

ここにはロンドンから英仏海峡トンネルを通って高速鉄道であるユーロスターが発着するため、多くの観光客やビジネスマンが利用する。また、ブリュッセルからは高速鉄道タリス、そのほかアムステルダムやドイツなどから多くの国際列車が発着するインターナショナルな旅客ターミナルだ。

f:id:KoichiHasArt:20191125200218j:plain

高速列車タリスが駅構内に入ってくる(写真上)

駅構内を見ると、大きな荷物を沢山抱えた家族連れ旅行客が小さな子供たちを連れて歩いている。目を移すとロンドンから到着したのであろうか、スーツに身を包んだビジネスマンが颯爽と僕の前を横切っていく。その後ろにはパリの家族に会いに来たであろう老夫婦が出迎えの家族を見つけて笑顔で手を振っている。

様々な国の人がいろいろな目的でこの駅に降り立つ。

もう15年前になるが、僕のはじめてのパリも、ここ北駅から始まった。在英中にロンドンからパリにユーロスターを使って到着。北駅近くのホテルに泊まったのも懐かしい。

先日も妻とロンドンからパリへ移動した時にここを使った。この駅は、いつ使っても色々な思い出が蘇ってきて、僕にとっては思い出のある駅だ。いろいろな人とここで出会ったり別れたり。
北駅は旅人が沢山交差する場所だ。

 

f:id:KoichiHasArt:20191125195916j:plain

夕方のパリ北駅 (写真上)。駅構内の雰囲気がいい。
僕はある夏の日の夕方、北駅の向かいにあるビストロのテラスで、道行く人々を眺めながら夕飯を取っていた。とても気持ちのいい夏の日の夕方であった。
店のウェイターと話をしていたら、ちょうど日本人の老夫婦が入店してきた。
「いい夜だから、私達もテラスで食事をしましょうよ」とご婦人。テラスで食事をしていた僕が目に入ったのであろうか。ご婦人はご主人をテラス席に誘う。
日本人同士だから、とウェイターはニッコリ僕の隣にその老夫婦を案内してきた。
「隣すみません。」とご主人。
「どうぞどうぞ」と僕。
「日本からご旅行ですか?」と話かけて、和やかな会話を試みてみる。何か品のあるステキなご夫婦だったため、お話がしてみたかった。
「ええ、パリに来るのは、40年振りになるの。当時、この北駅の近くにあった小さなホテルに主人と泊まりまして。ちょうどこのビストロに寄る前に、まだあのホテルがあるか見に行ってきたところなのよ。」
「そうそう、そのホテルの名前は覚えてなかったんだけど、場所だけはうろ覚えで覚えてましてね。記憶を頼りに妻と今行ってきたところなんです。」とご主人。
40年ぶりに夫婦で訪れたパリ。何か心がほっこりする話だ。
「40年ぶりのパリなんですね!そのホテルはまだありました?」
「ええ、当時のままありましたわ。何も変わってなかったわ」とニッコリご夫婦で笑顔を交わす。
「素敵な話ですね」と僕。とても二人の様子が微笑ましくて、しばし僕はご夫婦が話をしているのを眺めていた。
するとご主人がその40年前に泊まったホテルの話をしてくれる。北駅の近くと言えば、映画や小説で有名な北ホテルのことですか?と聞いてみたら、違うとのこと。そのホテルは北駅からすぐの場所にあるらしい。確かに北ホテルは少し離れた場所にある。
「ホテルに寄ってみたら中をみたくなってね。妻とホテルの中を覗いていたら、ちょうどホテルの支配人が出てきてくれましてね。昔ここに泊まったことがあって、妻と40年ぶりにパリに来たから懐かしくなって寄ってみたんです、と言ったら、なんと当時泊まった部屋まで見せてくれましてね。」
「ほんと、当時のままで嬉しくなっちゃって。」奥さんも優しい笑顔で懐かしんでいるようだ。
「パリに乾杯ですね」とご主人。
3人でパリの夜に乾杯。
まさに一期一会の出会いであったが、この夜このご夫婦の40年ぶりの夜に一緒に乾杯できたことは、僕にとっても素敵な夜の思い出として残っている。
 
今もパリ北駅に着いて真っ直ぐにメトロに向かわずに外に出てそのビストロを見に行くことがある。僕にとってはこの北駅前のビストロがいつまでも思い出の場所になっている。

パリ北駅は旅人が交差する場所だ。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

Fête de la Musique (音楽の日): モンマルトル、パリ、フランス

f:id:KoichiHasArt:20200611203508j:plain

音楽を身近に感じるパリの街角

フランスを旅してると、音楽が生活に身近だと感じる場面によく遭遇する。
 
パリのメトロの中でよく見るアコーディオン奏者。
寒いクリスマスシーズンでも、街角で演奏を始める音楽家たち。
街のあちらこちらで、コンサートのポスターを見かけたり。
フランスは音楽で溢れている。

f:id:KoichiHasArt:20191124205625j:plain

モンマルトルでの一コマ(写真上)
そのフランスで特に音楽を身近に感じるのは、音楽の日と呼ばれる市民による音楽祭の日だ。一年で日が一番長い夏至の日、朝から夜までフランスは音楽で包まれる。

 

住宅街の角で、カフェの前で、公園や道端で、まるで街中が音楽で息をしているかのように、あらゆるジャンルの音楽が、奏でられる。ジャズにロック、クラシックやコーラスなどなど。夏の夜が楽しくなる。

 

この日はプロフェッショナルかアマチュアかなんて関係ない。道行くおじさんも、演奏中のバンドに突如ダンスで参加する。

 

その日、僕は美術巡りをしながら、モンマルトルを歩いていた。モンマルトルはアートファンとしては沢山の見所がある。歩いていると、ふと、沢山の音があちらこちらから聞こえてくることに気がつく。
ーあぁそうか、今日は音楽の日か。

 

突然、街角で演奏をしている楽団に、ある女性がメインボーカルで参加する。即席楽団の誕生だ。
観ていた親子連れも、新しく誕生した楽団の奏でる音色に耳を傾けている。

 

「本当に音楽には人と人を繋ぐ力があるんだ」そう感じた瞬間だった。
 
新型コロナウイルスで日常に戻るまで時間は要するであろうが、また音楽やダンスが溢れる日が一刻も早く戻ることを願うばかりだ。


Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

アイガー北壁 (Eiger, North Face) 登頂困難な死の壁: スイス

f:id:KoichiHasArt:20200509110813j:plain

雲の合間にアイガーの山頂が見える

「あれがアイガーの北壁か」

まさに絶壁だ。1800メートルの岸壁は、ノースフェイスとか死の壁とか呼ばれる。

グリンデルヴァルトは名峰アイガーの麓に広がる美しい村だ。ここからゆっくりとアイガーを眺める。この北壁は、村からよく見えるため、村人たちは北壁を登る登頂者を村から双眼鏡で眺めていたそうだ。

僕も場所を変えながら様々な角度でこの山を眺めてみる。富士山を超える標高を持つアイガーは3967mもある。

 

アルプス三大北

アルプスには3つある難関登頂ルートが有名だ。それはアルプス三大北として知られる。1つ目はフランスとイタリアの国境にまたがるモンブラン山系にあるグランド・ ジョラス。4000メートルをゆうに越える山々が連なる難関。2つ目は有名なマッターホルン北壁。そしてアイガー北壁だ。

 

f:id:KoichiHasArt:20200509112328j:plain

クライネシャイデックからアイガー北壁を眺める

アイガーの初登頂は1858年にアイルランド人のチャールズ・バリントンによって成し遂げられるが、北壁からの登頂には時間を要した。1934年から試みられるが、墜落や凍死などで失敗。後に映画や小説になった有名な1936年の悲劇的な失敗がある。この事故以降一時登頂を試みること自体が禁止になった。

その後初登頂が成し遂げられたのは1938年。ドイツとオーストリアのチームによって達成された。快挙であった。

その後も数々の登頂史を刻むが、日本人の登頂達成者も何人かいる。また、新田次郎が小説に書いた「アイガー北壁」では、日本人登山家の模様を描いているため、アイガーに行くときに読んでみるのもいい。また、映画「North Face」は、上記の1936年の有名な遭難を描いており、アイガーの美しさとともにその厳しさをも描く。

 

f:id:KoichiHasArt:20200509134301j:plain

夕日に照らされるアイガーをグリンデルヴァルトから見る

アイガーを眺める

僕がインターラーケンからグリンデルヴァルトへ入ったのは、ある夏の日の昼頃だった。村を散策し、ハイキングコースであるフィルストへ行って午後いっぱい使ってハイキングをしながら、時折アイガーを眺める。見るたびにその雄大な姿にしばし心を奪われた。

そして夕刻、刻々と色が変わるアイガーを見に村はずれまで行ってしばらく眺めてみた。

f:id:KoichiHasArt:20200509134804j:plain

午後のアイガー。雲の上に山頂が見える。

f:id:KoichiHasArt:20200509134919j:plain

夕刻に近づき夕日を浴びるアイガー

f:id:KoichiHasArt:20200509135027j:plain

グリンデルヴァルトに日が落ち始めた

夕日が落ちていく光景の中にアイガーが佇む姿を見ると、何か広大な宇宙というのを感じさせられる。厳と揺るがないその姿は、何か神々しくもある。自然はかくも偉大で大きい。

この日、アイガー北壁は美しく光り輝いていた。

Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi
 

 

スイスへの誘い

f:id:KoichiHasArt:20200422221036j:image

 

在英中、突如高い山が見たくなった時がある。自分より、いや人間よりもずっとデカい何かを見たくなった。大学院で論文と格闘していた時期であったが、ちょうど論文も書き終ったため、初夏のスイス・アルプスへ向かった。


すぐインターネットで安い飛行機を探し、近くの空港からバーゼルまで飛ぶ。バーゼルからは列車でインターラーケンを目指す。ドイツから来たICEに乗り込んで、やがて列車は都会のバーゼルから山間部へと向かう。インターラーケン。もうアルプスは目の前だ。晴れた夏の日であったが、ユングフラウは雪をかぶっていた。

 

f:id:KoichiHasArt:20200423212403j:plain

正面にユングフラウが見える

地理的に見るとインターラーケンはスイスの真ん中あたりに位置する。トゥーン湖とブリエンツ湖の間にある町だ。ちなみにトゥーン湖を上がっていくとやがてベルンに至る。またブリエンツ湖を行くとルッツェルンに至る。

インターラーケンは登山鉄道の発着駅があるアルプス観光の拠点になる町で、多くの人で賑わう。アルプスへ向かう多くの旅人が通る町だ。

 

旅先での出会い

僕のお気に入りの時計であるスントは、アウトドア用の腕時計でフィンランド製品だ。この時もスントをしていた僕は、この腕時計がきっかけでちょっとした会話がうまれた。

 

インターラーケンの店に入ってポストカードを見ていたら気さくな店員さんが僕のスントを見て、

「君のスント、カッコいいね!山が好きなの?」

と話しかけてきた。

「ええ、山は好きです。」

しばし会話する。スントをしているのを見てすぐに山が好きかと聞いてくるあたりが山岳地だなぁとつくづく思う。この時計を買った場所は新宿で、特に山を意識して買ったわけではなかったが、なるほどスントは山好きの人たちの間では人気なのか。

色々とオススメのハイキングコースを教えてくれる。さすが地元の人はよく知っているものだ。

ただ山を見たいというだけでアルプスまで来たが、ハイキングという楽しみ方を教えてくれたのは彼だ。よし、山間のグリンデルワルトに行ったらハイキングをしよう。

「ところで、この辺にチーズフォンデュが食べられる店はあります?スイスといえばチーズフォンデュが有名ですよね。」

僕はスイスに来たからには名物を食べたかった。秋田に行ったらきりたんぽ鍋、マルセイユに行ったらブイヤベース、そんなノリでスイスではフォンデュと思ったのだ。

「笑 この暑いのにスイス人はフォンデュは食べないよ。あれは冬の食べ物さ。」

なるほど、日本で鍋を真夏に食べる感覚かと納得。ここはスイス人の習慣に慣い、真冬にきた時に食べるかと諦める。

さよならを言って、店を出る。だいぶ楽しく話し込んだみたいだ。

  f:id:KoichiHasArt:20200508190525j:image


宿はアーレ川沿いににあるリバーロッジ。川の対岸に渡るとインターラーケン東駅。ここからアルプス山間の美しい村々へ登山鉄道がのびている。

 

湖と湖を結ぶ川なため、とても穏やかだ。対岸には山が見える。

このロッジではバーベキューが出来るため、駅近くにあるスーパーで買い出しをしてバーベキューを楽しむグループも見かけた。さて夜は何を食べようかと思っていたら、ちょうど日本人夫婦と出会う。定年されて、ご夫婦でよくアルプスのハイキングに来るそうだ。話が弾み、バーベキューをしようとなった。野外で火を焚くなんて何年振りだったか。

 

やがて山々に日が落ち、川辺のロッジにも夜がきた。沢山の話と、美味しい肉とビールをご馳走になる。旅先で会うこうした出会いは、一生の思い出になる。

 

f:id:KoichiHasArt:20200423212530j:plain

日も落ち山々に夕暮れの日の光があたる

 山を見にスイスへ来たが、山の入り口の町であるインターラーケンでは色々な出会いがあり、インターラーケンを思い出すと、彼らを思い出す。

スイスへの誘い。美しい山々と共にそこで出会った人の思い出が、また僕をスイスへ誘う。

 

Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi

鉄道旅の楽しみ

f:id:KoichiHasArt:20200404153213j:plain

中軽井沢駅にて電車を待つ

鉄道旅の楽しみ方はいろいろあるだろう。車窓に広がる景色を楽しんだり、乗ってくる地元の人の話し方から土地の雰囲気を感じたり。これらに加えて、日本の鉄道の旅には駅弁を食べる楽しみがある。ご当地グルメを列車で楽しむのも国内旅行の醍醐味。東京駅を使うときは、デパ地下の高級弁当を買って新幹線に乗り込んだりするが、やはりご当地弁当が楽しい。

 

新富士駅:出ました富士宮焼きそば

f:id:KoichiHasArt:20200404153530j:plain

東海道新幹線からの車窓より富士山を臨む。新富士駅付近。

妻の実家が静岡県にあることから、東海道新幹線のこだま号をよく使う。こだま号は、後から来るのぞみ号やひかり号が追い越していくのを駅で停車して待つ。私はその時間を利用して新富士ホームに降りてみた。あったあったご当地グルメ弁当。

f:id:KoichiHasArt:20200404153614j:plain

新富士駅で買った駅弁(写真上)

静岡県富士宮といえば富士宮焼きそば。ここで買ってみたのは富士宮焼きそば弁当(写真上)。ちょっと変わっている弁当だが、ご当地感があって良い。富士宮にまで行かなくとも有名なB級グルメを新幹線で味わえる。

 

仙台駅:海鮮幕の内が楽しい

f:id:KoichiHasArt:20200404153915j:plain

東北新幹線からの車窓より雪景色を見る。

冬の東北は雪景色が綺麗だ。車窓に広がる雪景色を楽しみながら、東京に戻る。そろそろ昼時だなと、買い込んだ弁当を開けてみる。旅先では、せっかく来たのだからと普段あまり食べないものも食べたくなるものだ。普段はトンカツ弁当などのガッツリ系のチョイスが多いが、東北では海鮮系などにも目がいく。 

f:id:KoichiHasArt:20200404153950j:plain

仙台駅で購入した幕の内弁当(写真上)

東北の自慢は何と言っても食材が豊富なところだろう。海の幸と山の幸が1年を通して楽しめる。東北新幹線に乗ったら東北の贅沢弁当といきたい。寒い時期には海鮮関係が美味しいが、弁当にもあるだろうかと探してみた。仙台など大きな駅では、ずらりと弁当が並ぶ。

仙台駅で買ったこちらの弁当(写真上)には海の幸が。

 

青森駅:名物ホタテを弁当で食べる

f:id:KoichiHasArt:20200404154303j:plain

青森駅で購入した弁当(写真上)

本州最北端の青森。ここもやはり海の幸が豊富だ。もちろん青森でも魚介を楽しむが、列車内でも楽しみたい。上の写真は妻と二人で青森駅から特急津軽に乗る時に買ったホタテ弁当。青森はホタテが有名らしく、弁当にもなっているくらいだ。

 

秋田駅:有名な花善の鶏めし弁当

f:id:KoichiHasArt:20200404154459j:plain

秋田駅で買った鶏めし弁当(写真上)

秋田駅で買った鶏めし弁当が個人的にお気に入り。秋田の大館駅ができたのは明治時代。駅開業当時から営む花善という有名な弁当屋さんが作る駅弁だ。有名な弁当の割には首都圏では買えないらしく、まさにご当地で楽しみたい弁当の一つ。最近では東京を通り越して、パリに進出したことでも話題になった。鳥の煮汁で炊いたご飯の上には甘辛い鳥がのっている。これがまた美味しい。こまち号に弁当を買って乗り込む。車窓には秋田ならではの田園風景が広がる。

 

f:id:KoichiHasArt:20200404154655j:plain

秋田駅に入ってくる真っ赤な新幹線こまち号(写真上)

 

名古屋駅名古屋飯を新幹線で食べよう

f:id:KoichiHasArt:20200404155335j:plain

名古屋駅で購入した駅弁(写真上)

名古屋といえば味噌カツ八丁味噌とソースがブレンドされたいわゆるご当地グルメとして有名な「名古屋めし」だ。名古屋駅では味噌カツ弁当。やはりカツは揚げたてが美味しい。その意味で、今度は実際のお店で食べてみたい、そう思わせてくれた弁当だ。

 

鬼怒川温泉駅:鶏めし弁当と栃木印のビールを楽しむ

f:id:KoichiHasArt:20200404155432j:plain

都内からも行きやすい温泉地である鬼怒川温泉

f:id:KoichiHasArt:20200404155510j:plain

鬼怒川温泉で買った駅弁(写真上)

鬼怒川温泉に行った時、帰りに妻と弁当とビールを買い込んで特急に乗る。ここでも鶏めし弁当に出会う。栃木ラベルのビールが旅行気分を盛り上げてくれ、楽しい。

 

鉄道の旅は航空機の旅とは違う楽しみがある。車窓に広がる景色を楽しみながら、土地の味と雰囲気が染み込んだ弁当も楽しみたい。

 

Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi

シェイクスピアの街を歩く:ストラトフォード=アポン=エイヴォン、イギリス

f:id:KoichiHasArt:20191126211620j:plain

ストラトフォード=アポン=エイヴォン駅

外国の地方の町に行くと、その国の生の雰囲気をより強く感じる。イギリスを旅したら、是非地方にも足をのばしたい。そして、できれば一泊して、夜の散歩も楽しみたい。

ところで、ハリーポッターの映画の中で、ハリーとハーマイオニーが雪が舞うクリスマスの夜に小さな町を歩くシーンがある。短いシーンだが、2人がイギリスの古い建物が建ち並ぶ町を少し歩く。夜の家路につく人達の声が聞こえてきたり、夜の町の雰囲気がとてもいい。イギリスの町の雰囲気がとても出ているシーンだ。

出来ればクリスマスの時期、少し雪が舞っている古い小さな町を夜歩くことが風情があるのだが、個人でそうした町に行くのはなかなか難しい。

そこで、有名観光地で古い街並みが残る古く小さな町、ストラトフォード=アポン=エイヴォンだ。ロンドンから電車で約2時間。日帰りも出来るが、できれば宿泊して夜の雰囲気も体験したい。

 

この街の建築を楽しむ

アルプス以北の北方ヨーロッパでよく見られる建築様式に、ハーフティンバー様式が挙げられる。これは柱、梁や筋交いがむき出しになった木造建築で、イギリスの古い建築にもよく見られる。

この町は、このハーフティンバー様式の建物が残る街だ。小さい街だが、古い街並みの中を散策していると、英国の中世を感じて旅行気分も自然と盛り上がる。
また、英国ならでは庭園も見て歩きたい。

f:id:KoichiHasArt:20191127212236j:plain

英国風の家と庭を楽しむ(写真上)
 
 

f:id:KoichiHasArt:20191125205733j:plain

街中にはハーフティンバー様式の建物が(写真上)

この街を有名にしているのが、ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)。彼の生家もハーフティンバー様式で、19世紀に復元された生家が今も管理され公開されている。

この街はシェイクスピアの舞台を楽しむのにももってこいだ。ロイヤル・シェイクスピア・シアターでは、ここを拠点にするロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが公演をしている。
特徴として、シェイクスピアの時代当時の伝統的な舞台空間を体験できる。演者と観客席が近いのが一体感を生むのだ。シェイクスピアの戯曲は、色々な都市や国で上演されているが、彼の生誕の地で体験するのはきっといい思い出になるはず。

シェイクスピアを楽しんだら、パブでエールを一杯と行きたいところ。エールはイギリスでおなじみのビールで、常温で提供される。各地方にも地エールも沢山あるため、行く先々で楽しむのもいいだろう。

この街のハイストリートにあるギャリック・イン(The Garrik Inn)も個性的なハーフティンバー様式の建物で、中はパブになっている。この街最古のパブだ。エールを一杯やりながら、フェッシュ・アンド・チップスをつまむのもイギリス風。シェイクスピアも当時の仲間たちとエールを飲んでいたのかもしれないと想像するだけで、楽しくなってくる。
 

f:id:KoichiHasArt:20191125205912j:plain

ギャリック・イン(The Garrik Inn)も個性的だ(写真上)

ロンドンはもちろんエキサイティングな街だが、地方に行くとよりイギリスらしい風景、歴史文化に触れられる。ストラトフォード=アポン=エイヴォンは、ロンドンからも行ける距離にあるため、イギリスを旅したら訪れたい町のひとつとしてオススメだ。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi