旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

什刹海(シーチャーハイ)に浮かぶ月 : 北京、中国

f:id:KoichiHasArt:20191125212501j:plain

什刹海は北京でも観光客に人気のエリア (写真上)
ある年の夏、北京に住む友人K氏を訪ねて上海から空路北京を訪れた。

 

経済成長著しい現代中国の首都だが、私にとって、悠久の歴史の薫りを残す風情ある街並みを期待しての初北京。

 

やがて、飛行機は高度を下げ、機上から北京の街が見え始める。歴史ある中国の街に私の胸は高まった。

 

しかし、街を歩くと、近代的なビル群交通量の多さと騒音に段々と辟易してくる。
もちろん紫禁城など観光地は、歴史的で美しいが、街全体が恐ろしくうるさく、近代的。そして、良く言うとパワフルだ。京都のような「古都らしい歴史的風情」を求めて訪ねたが、そうした私の期待は砕け散った。

 

北京滞在2日目の夜、友人K氏は北京ダックを食べに什刹海 (シーチャーハイ) という地域に連れて行ってくれた。この地域は、3つの湖があり、お寺が点在してたり、レストランやバーも多く、欧米人に人気のエリアらしい。
「あー!ここも観光地化されてビールの値段が前より高い!」
友人K氏がボヤく。北京出身の彼も、街の変化に閉口しているようだ。
確かに料理も高い割に味も普通。私の北京の印象も下がりっぱなしだ。

 

食事を終え外に出たら湖の上に月が昇っていた。
「お!古都の湖の上に月が浮かんでる。」
詩情漂う美しい景色にしばし旅情に浸る。

「あぁ、都に月、いいじゃないか」うん、北京も悪くない。

そう感じた後、我々はクラクションが鳴りまくる通りにタクシーを探しに出た。
束の間に風情を感じる。これが現代北京の楽しみ方かもしれない。

 

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi