旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

カフェでクロックムッシュを食べよう!: ル・ヌムール、パリ、フランス 

f:id:KoichiHasArt:20191130104324j:plain

ル・ヌムールの夜(写真上)ロケーションがいいためよく使うカフェだ。

パリには沢山のカフェがあるが、ルーブル美術館界隈の有名なカフェの一つで、使い勝手もよいル・ヌムールは個人的によく使うカフェだ。

朝食ランチを軽くしたいときなどは、ここでよくクロックムッシュをいただく。本場のクロックムッシュをパリの雰囲気の中で食べれるし、ルーブルを見る前などにオススメのカフェだ。

 

クロックムッシュは日本でもパン屋さんやフレンチビストロなどでもよく見かける。

 

簡単なレシピを書くと、フランスの食パン (パン・ド・ミ) ハムチーズを挟み、それにベシャメルソースを塗る。それからパンの表面を少しカリカリになるようにフライパンで焼いて出来上がりだ。フランス版のファーストフードと言っていいだろう。

 

クロックムッシュ目玉焼きをのせたものが、クロックマダムと呼ばれる。目玉焼きが好きな方には、人気がある。

 

カフェやブラッスリーによって、色々なタイプのクロックムッシュがあるので、食べ歩くのも面白い。

 

クロックムッシュマルセル・プルースト

パリには美味しい物が溢れているが、
「これを食べたらパリを思い出す」
という物を旅行中に作るのも面白い。

パリにある高級レストランでの食事は、確かにパリの味かもしれないが、現地のそのレストランでしか味わえない。
そこで、帰国後も比較的簡単に食べられるものをテーマに、パリを食べ歩くというはどうだろう。クロワッサンやマカロンなどもいいが、ここはクロックムッシュといきたい。パリの味をクロックムッシュに託すというわけだ。現地でも手軽に食べられるし、帰国後にも食べられる。クロックムッシュがパリを思い出すのに一役かうというわけだ。

 

ところで、プルースト効果という言葉があるのをご存知だろうか。これは、20世紀を代表する小説家マルセル・プルーストの大長編小説である失われた時を求めての始まりの部分に由来する。
それは、小説の主人公である「わたし」が、紅茶に浸したプティット・マドレーヌを口にした瞬間、過去の思い出を鮮やかに思い出すという場面。とても素晴らしく、美しい文章で書かれている名シーンだ。
人間の五感は、記憶が伴っているという。特に嗅覚味覚は、過去の記憶と強く結びついているそうだ。簡単にいうと、これがプルースト効果ということらしく、研究も進んでいるそうだ。

味や香りなどから過去を思い出すといった経験は、誰しもないだろうか。私の経験でも、ムサカを食べると、ギリシャに行った時を思い出すし、クロックムッシュを食べると、やはりパリを思い出す。
また、聴覚の場合だと、例えば、旅行中に
よく聴いていた音楽を後で聴くと、「あの時の旅」を思い出すというのはよくある。ちなみに、村上春樹の「ノルウェイの森ビートルズの曲を耳にした瞬間、過去の事を思い出すところから始まるのと同じだ。

 

実は、クロックムッシュプルーストの「失われた時を求めて」の「花咲く乙女たちのかげに」に登場する。よってクロックムッシュプルーストにも接点があるわけだ。

パリで執筆をしたプルースト。そのプルーストにかけてパリの思い出を鮮やかにプルースト効果で蘇らせる。その役目、クロックムッシュに託すのも面白い。

 

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi