旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

ザ・チャーチル・アームズでロンドン・プライドを飲む: ロンドン、イギリス

ロンドンに行ったら、英国の趣のあるパブで素晴らしいビールを堪能したい。

英国全土にはパブが約8万件、そしてロンドンにも約1万件のパブがあるそうだ。いずれのパブも英国文化を醸し出しているし、パブ文化を楽しめる。

せっかくのロンドン。手始めにノッティングヒル・ゲート駅近くにある、

ザ・チャーチル・アームズ (The Churchill Arms)

をオススメしたい。

このパブは、地下鉄ノッティングヒル・ゲート駅を出て、ケンジントン・チャーチ・ストリートを行くと見えてくる。
外観が特徴的なパブで、花がいっぱい飾られているのと、ユニオンジャックがはためいているので、すぐにわかるはずだ。

歴史は古く、1750年にまで遡るそうで、ロンドンで最も古いパブの一つに数えられる。

チャーチルの名を冠しているのは、あのウィンストン・チャーチルの祖父母がよく通っていたからなんだそう。

英国らしい歴史的な雰囲気もあり、常に地元の人で賑わっている中で、定番のフィッシュ&チップスなどの食事をするのもいいだろう。
ロンドンのパブでは、タイ料理を提供する所があるが、この試みはチャーチル・アームズが最初だそうで、こちらも試す価値はありそうだ。
 

f:id:KoichiHasArt:20191125204945j:plain

チャーチル・アームズはその外観が特徴的(写真上)
場所
The Churchill Arms, 119 Kensington Church Street, London, W8 7LN

 

Web:

 

英国を代表するエール: ロンドン・プライド

 

ここで一番に紹介したいビールは、ロンドン・プライド(Fuller's London Pride)だ。英国を代表するビールブランドのフラーズ(Fuller’s)のフラッグシップビールで、ロンドンで大人気のペールエール
イギリスで一番人気の味を楽しめると言っていいだろう。
ビールの苦味、柑橘系の風味、それにどこか少し甘みもあるような絶妙な味だ。

フラーズは、1845年にウエスト・ロンドンのチジックで創業した老舗ブルワリー(ビール醸造所)。
場所はちょうどヒースロー空港からロンドン市内の途中にあり、見学もできる。

 

フラーズからはロンドン・プライド以外にも質のいいビールが出ている。中でも苦味のあるフラーズESB (Fuller's ESB(Extra Special Bitter))はお気に入りだ。

 

アサヒビールが、フラーズを買収したニュースが記憶に新しいが、日本でも近いうちロンドン・プライドが飲める日が来るかもしれない。しかし、やはりイギリスのパブの雰囲気の中での一杯は格別だ。

 

Photo and Writing By Hasegawa, Koichi 
 

 

ロンドンパブスタイル 英国パブカルチャー&建築インテリア

ロンドンパブスタイル 英国パブカルチャー&建築インテリア

 

 

 

A03 地球の歩き方 ロンドン 2019?2020

A03 地球の歩き方 ロンドン 2019?2020

 

 

 

フラーズ ロンドン プライド(瓶) 330ml 24本入 1ケース

フラーズ ロンドン プライド(瓶) 330ml 24本入 1ケース