旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

ヨーロッパ最古のカフェ「フローリアン」を楽しむ:ヴェネツィア、イタリア

f:id:KoichiHasArt:20191207221943j:plain

フローリアンの入り口。(写真上)歴史を感じる。
 
ヨーロッパに行くと楽しみなのがカフェでのひとときという方も多いだろう。私もカフェが大好きで、美味しいコーヒーを飲みながらその街の雰囲気に浸れる感じが好きだ。ヴェネツィアのカフェの一つであるフローリアンは、ヨーロッパ最古のカフェとして知られる。ここのカフェは、歴史的な雰囲気と伝統に触れられて貴重なカフェ体験になるであろう。
 
創業は1720年12月29日。場所は創業時と変わらずにサン・マルコ広場南側にある。
豪雨と高潮の影響で、水害被害が深刻なヴェネツィアだが、報道映像を見ると、この広場も被害を被ったのがわかる。フローリアンも大変な対応であったろうと想像する。温暖化対策は、こうした文化遺産的な街を保護する上でも急務であると思う次第だ。
 
フローリアン創業以前にもコーヒーを提供する店はあったが、いわゆる社交の場であったり、ゆっくりコーヒーを楽しむ場というものの始まりはフローリアンからだ。
 
フローリアンが発祥で有名なカフェ・ラテを飲むのもいいだろう。またサンドイッチなどの軽食も少し高いが、フローリアンの雰囲気の中で楽しむのも、いい思い出になるはずだ。
 

f:id:KoichiHasArt:20191207222129j:plain

ヴェネツィアに来たらフローリアンのカフェを楽しみたい。メニューはWeb siteより引用(写真上)
交流の場、サロン、議論の場としてのカフェは、後のパリやウィーンのカフェの例にもあるように、芸術家や政治家、その他有名人に好まれ、その後のヨーロッパ文化に根付いていく。

もちろん、フローリアンにも沢山の著名人が訪れている。
例えば、画家のクロード・モネやアンディー・ウォーホル、詩人のゲーテ、音楽家リヒャルト・ワーグナー、作家のディケンズマルセル・プルースト、哲学者のニーチェ、俳優のチャーリー・チャップリンなど、そうそうたる面々だ。


フローリアンと現代美術との関係:ヴェネツィアビエンナーレ

2年に1度行われるヴェネツィアビエンナーレは、現代美術において重要な展覧会の1つだ。
ビエンナーレが行われる時は、世界中から美術関係者がこの街に押し寄せる。現代美術においてヴェネツィアは、バーゼル、ロンドン、ニューヨークなどとともに世界を牽引するネームバリューを持つ。

この国際的な展覧会の始まりは、1893年のカフェ・フローリアンの The Senate Roomでの会合から生まれた。当時のヴェネツィア市長であったリカルド・セルヴァティコ(Riccardo Selvatico)と同席した知識人やアーティスト達は、ウンベルト一世マルゲリータ王妃の銀婚式を祝う美術展覧会を企画する。
このアイディアは、1895年の実現する。
 
その後は国際政治の勢力争いの構図が出てきたり、有名な画家の回顧展などを行いながら定着していく。対戦中はファシスト党ビエンナーレプロパガンダ的な用途に使うが、大戦後は、現代のような前衛美術や現代アートを展示する国際的展覧会として復活する。
 
こうして、今も世界中が注目する現代アートの展覧会としての権威を持つようになる。

ビエンナーレの時期以外にもフローリアンをアートスペースとして使う現代アーティストやデザイナーもいる。これは1988年以降から始まった試みだ。Bruno Ceccobelli, Mimmo Rotella, Pietro Ruffoなどのイタリア人現代作家たちや、イタリア人デザイナーのAldo CibicがフローリアンのThe Chinese Roomでインスタレーションをしたりと、このカフェは現代アートとのつながりがあって面白い。

フローリアンは、最先端のアートやデザインという繋がりを持ちながら今なお沢山の人にコーヒーを提供する。そして、もちろん店内を飾る歴史的な装飾や絵画もコーヒーと一緒に楽しみたい。
 

f:id:KoichiHasArt:20191207222324j:plain

ヴェネツィアに行った際は、是非この歴史的な雰囲気の中でコーヒーはいかがだろう。

 

 Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

参考
フローリアンのメニューやイベント情報が載っています。
https://www.caffeflorian.com/en/

 

A11 地球の歩き方 ミラノ ヴェネツィアと湖水地方 2019~2020

A11 地球の歩き方 ミラノ ヴェネツィアと湖水地方 2019~2020