旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

夜の成田空港第1ターミナル

f:id:KoichiHasArt:20191124202110j:plain

夜の成田空港第1ターミナルの展望デッキ
私は空港が好きだ。空港から遠く離れた場所への旅が始まる。期待、不安、未来、ロマン、冒険、様々な思いが交差する場所だ。
色々な空港を使ってきたが、今回は成田空港の楽しみ方を私なりに紹介したい。
 
私は成田発の午前便に乗る時、よく空港周辺に前泊をする。理由として挙げられるのは、天候不順や渋滞、電車遅延などの理由から前日に安全策として空港周辺までたどり着いておくという事があるであろう。だが私の場合、前日夜に空港第1ターミナルを散歩するためが前泊の主な理由だ。

f:id:KoichiHasArt:20191124203736j:plain

空港第1ターミナルロビーにて(写真上)

 

空港に着く夕方頃は、到着便から流れてくる旅人達を沢山見かけるが、夜になるとだいぶ減ってくる。出発便も段々と旅立っていくため、昼間は忙しい空港出発ロビーも、段々と閑散としてくる。チェックインカウンターにいる航空会社のスタッフも、クローズをして徐々にいなくなる。
段々と出発ロビーが夜の顔を見せてくる。この雰囲気がいい。

 

夕方に成田に到着したら、まだ出発客で少し賑わうロビーを横目にぶらぶら散策しながら、お店なんかを見て回ったり、夕食をとったりする。

 

ひと段落したらまた出発ロビーを散歩。この時間の静かになったターミナルをゆっくりと歩くのは旅情に浸れて大好きな時間だ。これから始まる旅に胸を躍らせたり、長くヨーロッパに住んでいた時期は日本滞在中の思い出なんかを思い出したり。

 

また、夜の展望デッキに行くのもオススメだ。
まだ出発便が止まっている場合もあるが、だいたいは出発後なので、出発ゲートも静かに朝を待っている。寝静まる前の搭乗ゲートをしばし眺める。

f:id:KoichiHasArt:20191124204235j:plain

夜の展望デッキより。最終便が飛び立ったあと(写真上)

f:id:KoichiHasArt:20191124204600j:plain

やがてゲート付近の照明も落ち、空港も眠りにつく(写真上)

遠い外国へ想いを巡らすには夜の空港の雰囲気がとてもいい。まだ10代だった頃、よくFMで日本航空がプレゼンスするジェットストリームという旅番組を好んで聴いた。多感であった80年代や90年代の頃、まだ海外旅行も今ほど身近ではなかった時代。ジェットストリームの醸し出す夜間飛行の雰囲気から遠い異国の地への憧れを募らせたものだ。
大人になってからも、旅愁という感情に浸るのが好きだが、旅先でも特に夜という時間に旅愁を感じる。夜の空港もしかりだ。深夜に聴いていたラジオからの雰囲気が影響しているのかもしれない。
 

成田エアポートレストハウス


夜の空港お散歩にオススメホテルがある。第1ターミナルから徒歩5-6分で行ける成田エアポートレストハウス。ここは唯一の空港敷地内にあるホテルで、空港開業当時からあるちょっと古いホテルだが、ある意味そのノスタルジックな雰囲気が、旅行気分を盛り上げてくれる。

f:id:KoichiHasArt:20191124204848j:plain

第1ターミナルから夜の空港の雰囲気を感じながらホテルまでは歩いて。


もちろんホテルとターミナル間も無料シャトルバスが運行してて便利。
海外から夜帰国した時もたまに利用するが、朝食の日本食がやけに美味しく感じる。
夜に空港からホテルに戻る時に、空港のコンビニで食材を買い込んで部屋で一杯なんかもいい!

成田エアポートレストハウス URL
 
空港によって夜の表情も違う。それがまた面白い。これから他の空港の話も紹介していこうと思う。だが、やはり日本人の私にとって、成田空港はやはり特別な愛着がある。好きな空港の一つだ。
 
Photo and Writing by Hasegawa, Koichi
 

 

ジェットストリーム 1 碧空 城達也 ナレーション MCD-211

ジェットストリーム 1 碧空 城達也 ナレーション MCD-211