旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

フェルメールの「世界一美しい風景画」の原風景を訪ねて:デルフト、オランダ

f:id:KoichiHasArt:20191231104557j:plain

デルフト旧市街(写真上)アムステルダムからのアクセスもよく、日帰り旅行にもオススメだ。

私の一番好きなヨハネス・フェルメール(1632-1675) の作品にデルフトの眺望 (1660-61) という風景画がある。この描かれた街を生で感じてみたくて、ある年の冬にフェルメールの出身地でもあるオランダはデルフトを訪れた。

 

f:id:KoichiHasArt:20191231104704j:plain

デルフトの眺望 (1660-61) マウリッツハイス美術館

この作品は、スヒー運河の対岸から街の南側を描いている。中心部に描かれているスヒーダム門に時計も描かれてるが、針は7:10を指しているため、夏の日の朝のデルフトを描いていると言われている。


作品の現物を見ると、本などで見るより、より美しいと感じる傑作だ。美術史の中で一番美しいと称えられている風景画の一つといっていいだろう。それはマルセル・プルーストが『失われた時を求めて』で、「それだけで自足した美しさを備えている」と称えるほどだ。

デンハーグにあるマウリッツハイス美術館には3枚のフェルメール作品が所蔵されているが、そのうちの一枚がこの作品になる。機会があれば、是非現物を鑑賞してその美しさを確かめて欲しい。
彼の作品はいわゆる室内をテーマにしたものが多い中で、この作品は貴重な風景画の一枚として異彩を放っている。彼の描く室内シーンも、光を操る技巧は素晴らしいが、この風景画の場合においても、その技術は遺憾なく発揮されている。

この街にフェルメールの作品はないが、もちろん彼の描いたデルフトの景色や、彼の住んだ街は残っているため、彼と作品をより深く知るために訪れるのも面白い。

ちなみに、彼の作品で現存しているのは40点にも満たない。
オランダには、アムステルダム国立美術館デン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館に代表作が所蔵されてる。
 

f:id:KoichiHasArt:20191231104813j:plain

街の中心マルクト広場 (写真上)
フェルメールは生涯のほとんどを生まれ故郷のデルフトで過ごした。アムステルダムからは電車で約1時間ほどの距離にあるこの街は、旧市街も歩いて散策できるほどのサイズ。

街の中心はマルクト広場(写真上)。この広場を出発点として散策を始めてみる。彼の住んだ旧市街の街の空気を吸いながら、その雰囲気を肌で感じてみる。そうすると、デルフトを訪れた後、彼の作品の見方が更に深まるかもしれない。

 

そして、デルフトの眺望が描かれた場所に行ってみよう。フェルメールが眺めた街の景色を彼と同じ目線から眺めてみるのもまた格別だ。
訪れるのがもし夏の日の朝だったら、フェルメールが作品に描いた夏の太陽の光が、同じようにあなたの見ているデルフトの街を照らすだろう。

 

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

 

フェルメールへの招待

フェルメールへの招待

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 単行本