旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

ナポレオンとベートーヴェンを想う:エトワール凱旋門、パリ、フランス

f:id:KoichiHasArt:20200101122409j:plain

シャンゼリゼを歩くと凱旋門が迫ってくる(写真上)

パリのエトワール広場にある凱旋門を見ると、いつもルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (1770-1827) の交響曲第3番「英雄」を思い出す。

この凱旋門は、ナポレオン・ボナパルト(1769-1821)が皇帝になった1804年から2年後の1806年に建造が始まった。前年のアウステルリッツの戦いの勝利を記念してのものだ。

ベートーヴェンは、1804年にナポレオンが皇帝に即位したのを聞いて激怒し、この第3交響曲の献上を止めたという逸話があるが、この話のインパクが大きいせいもあって、自分にとってナポレオンが即位後に建造を命じたこの凱旋門は、いつもベートーヴェンを想起させる。

完成は1836年。すでにナポレオンは世を去っており、フランスは7月王政の時代になっていた。
 

f:id:KoichiHasArt:20200101122514j:plain

エトワール広場の凱旋門はパリの象徴だ(写真上)

ベートーヴェンは、ナポレオンを尊敬していたとされる。彼の出身地であるドイツのボンは、当時啓蒙思想が流行っていたそうだ。この思想は、身分や生まれの違いも、人間の叡智によって乗り越えることができる事を理想とした。これをいち早くフランスは革命で成し遂げたため、ベートーヴェンはフランスを理想として考えていたとされる。そのため彼は、革命の申し子ナポレオンを英雄視していたし、交響曲第3番の表紙にはボナパルトと書かれていた。諸説はあるが、やはり作曲を始めた段階では、ナポレオンを意識していた曲として考えていいだろう。


ところで、ナポレオンは数度に渡りベートーヴェンに演奏の依頼をしていたとする話もあるが、ベートーヴェンはその都度断っていたそうだ。なんとも彼ららしい話だが、実現していたらどうなっていただろうと想像すると少しワクワクする。

ベートーヴェンは、この第3交響曲自身の最高傑作としてあげることもあったそうだ。もしそんな彼の交響曲を演奏会で聴く機会があったなら、彼とナポレオンの話を思い出してみてはどうだろう。第一楽章の勇壮な展開は英雄ナポレオンを表現しているのか、第二楽章の葬送行進曲はどんな意味があるのかなど想像しても面白い。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

参考
個人的によく聴く第3交響曲カラヤンです。ベートーヴェンなどのドイツ系作曲家のものは、ベルリンフィルが素晴らしい。
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」&第8番

 

世界一美しい音色を出すと称されるウィーンフィルの演奏も素晴らしいです。こちらはバーンシュタイン指揮。

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、「レオノーレ」序曲第3番

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、「レオノーレ」序曲第3番

 

ロマンロランのベートーベンの生涯です。

ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)

ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)