旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

レオナルド・ダ・ヴィンチの『二重らせん階段』を登る: シャンボール城、ロワール、フランス

f:id:KoichiHasArt:20191228211745j:plain

ロワール地方の名城シャンボール城 (写真上)
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)所縁の地の一つとして、フランスはロワール地方にあるシャンボール城が挙げられる。
 
この城とレオナルドとはどのような関係があるのであろうか。彼がこの城に住んでいたわけでもないし、作品が展示されているわけでもないが、彼は近くのアンボワーズには住んでいた。彼をフランスへ迎えいれたフランソワ1世が、シャンボール城にレオナルドのアイディアを取り入れたとする話がある。
特に有名なのが、『二重らせん階段』
私は数年前の夏、レオナルドの足跡を追ってロワールのアンボワーズとシャンボール城を巡った。

 

シャンボール城のスケールの大きさ

 
ユネスコ世界遺産にも登録されているシャンボール城は、狩猟用の離宮として作られたものだ。
離宮という割には、426部屋、282の暖炉、77の階段というスケール。
 

f:id:KoichiHasArt:20191228211844j:plain

有名なシャンボール城 正面ファサード (写真上)

128メートルにも及ぶファサード(建物の正面部分)は、その精巧な屋根が有名だ。また、800本からなる柱といい、全ての規模が物凄い。

f:id:KoichiHasArt:20191228211940j:plain

二重らせん階段を登る(写真上)

レオナルドとシャンボール城

 

フランソワ1世の客人として庇護されていたレオナルドだが、彼もシャンボール城デザインに関わっていたとされる。先に記述したように、彼が住んでいたアンボワーズもそう遠くない距離にあるのだ。
 
城の建築期間は1519年から1547年。設計者は別の人物だが、建築案の段階では、レオナルドもまだ存命だったし、彼亡き後も、フランソワ1世はレオナルドを偲んで彼のアイデアを取り入れたとされている。

 

私はレオナルドがデザインをしたとされるこの二重らせん階段が見たくて、シャンボール城を訪れた。私の目的である「レオナルドの足跡」のひとつは、この城にこそあるのだ。
 
この二重階段を使うと、登る人と降りる人が出会うことなく使用出来るという。何ともレオナルドらしいアイデアが現れているではないか。
 

f:id:KoichiHasArt:20191228212040j:plain

二重らせん階段 (写真上)

彼が確実に設計したという歴史的な証拠はないはずだが、この階段を見て、登ってみて思ったのは、レオナルドの存在感だ。少なくとも、彼の都市設計や建築論的な思想は、間違いなくこの二重らせん階段に反映されていると感じる。

f:id:KoichiHasArt:20191228212205j:plain

パリ市内の大きさに匹敵する広大な庭(写真上)
敷地面積52.5平方kmにも及ぶ敷地は、パリ市内の大きさに匹敵する。名城シャンボールのスケールは、万能の天才レオナルドのスケール感をも表しているかのようだ。
ロワール古城巡りは、パリからもバスツアーなどで行くのも楽でオススメ。
もし時間があり、個人でシャンボール城に行く事があれば、早朝や夕暮れ、また秋冬の季節も風情があるだろう。霧もやと樹々の中に現れる名城シャンボールは美しいに違いない。

 

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi
レオナルド・ダ・ヴィンチ 下

レオナルド・ダ・ヴィンチ 下