旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

夜のルネサンスの街を歩く: フィレンツェ、イタリア

f:id:KoichiHasArt:20200111100536j:plain

フィレンツェの夜(写真上)
夜の街が好きだ。ヨーロッパには歩いているだけで楽しい街がある。
夜の霧に包まれたヴェネツィアや、夏の夜のロマンチックなセーヌ川の河畔、おとぎの国のようなプラハの夜など挙げればきりがない。

 

夜のフィレンツェもまた格別だ。街全体が美術館とも形容されるフィレンツェである。フィレンツェに行く事があれば、街の中に宿をとって、夕飯後に街に出てみよう。夜のルネサンスの街は、美しく、重厚な歴史を感じさせる。街を包む夜霧が、あなたをルネサンスの時へ誘うだろう。

 

特に春の暖かい時期などは歩き易い。私はホテルを出て夜の街に出てみた。

f:id:KoichiHasArt:20200111100618j:plain

夜のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 (写真上)
夜の静寂の中ルネサンス建築の傑作が堂々と佇んでいた。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、着工は1296年で、完成は1436年フィレンツェを代表する建築物である。ブルネレスキによるクーポラが堂々とトスカーナの夜に浮かんでいる。
 
夜の闇にそそり立つその優雅な威容の前に立つと、圧倒的な美しさと迫力が夜の闇の中から迫ってくる。また、ドゥオーモ前広場も夜の光が灯り、幻想的だ。昼間の喧騒を離れ、じっくりと聖堂の外観を眺めていると、遥かルネサンスのアーティストや職人たちの芸術への息吹きを感じるかのようだ。
 

f:id:KoichiHasArt:20200111100705j:plain

ロレンツォ・ギベルティ『サン・ジョヴァンニ洗礼堂 東側の扉』(1452年)(写真上)
フィレンツェにある一番美しい芸術品のひとつで、私も大好きなだ。本物は美術館にあるが、やはり元の場所にある扉がしっくりくる。
それにしても何と美しいのだろうか。ミケランジェロ「天国への門」と称した扉を独占して見れるのは、至福である。
 

f:id:KoichiHasArt:20200111100745j:plain

シニョリーア広場のダヴィデ像(写真上)
ミケランジェロダヴィデ像が現在のアカデミア美術館に移ったのは19世紀後半になってからで、それまではシニョリーア広場にあった。この広場は、フィレンツェ共和国の中心地であり、幾多の出来事があった歴史の舞台だ。ダヴィデも様々な歴史の出来事を見守ってきた。
 
夜のシニョリーア広場に行くと、ヴェッキオ宮殿ウフィツィ美術館もひっそりと佇んでいて、とても静かだ。

それにしても、ルネサンス香るこの街の歴史をじっくりと感じるには、夜が一番いい。歴史の重みと数々の芸術品とゆっくり向き合える。是非夜のフィレンツェの街を歩いてみてはいかがだろう。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi