旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

"古きストラスブール" にて: オ・ヴュー・ストラスブール、ストラスブール、フランス

f:id:KoichiHasArt:20200112212253j:plain

オ・ヴュー・ストラスブール (写真上)
フランスの東部アルザス地方は、地理的にも歴史や文化もドイツが近いし、関係が深い。よって、建物や雰囲気、食事などもドイツとフランスが混じった感じが面白い。

ある夏の日、ストラスブールノートルダム大聖堂を見学したら、ちょうどお昼になっていたため、今日はランチビールでもひっかけるかと、大聖堂からほど近くにあるカフェを探してみた。

f:id:KoichiHasArt:20200114202826j:plain

ノートルダム聖堂の周辺には飲食店は土産物屋が軒を連ねる
ふと、ある店の看板を見ると、そこには二つの言語での名前がある。「古きストラスブールを意味するフランス語 Au Vieux Strasbourg「古きストラスブールへ」を意味するドイツ語 Zum alten Strasbourg だ。ドイツ圏だった時代も長いため、店名も二か国用に用意しているのかと興味深く入店してみた。店の雰囲気も古き良きという感じで、とてもいい。
ここのカフェでランチをとったのだが、ドイツでよく出てくるザワークラウト (キャベツの酢漬け) が普通にメニューにあるし、ソーセージなどの感じもどこかドイツ風。

 

アルザスといえば、白ワインが有名だ。よってドイツビールと白ワインに合う料理をメニューから探してみる。
この日は、アルザス名物シュークルートを注文これは、キャベツを香辛料と一緒に塩漬けにしたものを酢漬けにし、ソーセージなどと一緒に白ワインで煮込んだもの。パリに住んでいる友人が、アルザスに行ったらオススメとレシピまで教えてくれたのだが、これはとてもビールに合う料理だ。

 

また、グルメに詳しい方だと、フォワグラの原産がアルザスとわかるかもしれない。アルザスもグルメが豊富だ。

アルザス地方は、フランスとドイツの文化が混ざっているユニークな土地柄だ。シュークルートなどは、ドイツとフランスの性格を合わせたような料理でとても面白い。
ストラスブールを旅したら是非アルザス料理を堪能したい。
 
Photo and Writing by Hasegawa, Koichi