旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

海の道を行く:ヴェネツィア、イタリア

 

f:id:KoichiHasArt:20200112210619j:plain

ヴェネツィアへ海の道を行く


ヴェネツィア美術と歴史を愛する者として、古代からのルートを辿り、ギリシャからアドリア海を海路北上して、ヴェネツィアの玄関口である
サン・マルコまで行ってみたいというのが、長年の夢だった。それはこの街をまずは海上から眺めてみたいから。

海の上に浮かぶヴェネツィアは、それは美しい。
海上からサン・マルコに近づいていくと、まるでデコレーションケーキの上に乗ったようなドゥカーレ宮殿が左手に見えてくる。そして、奥にはシンボルである鐘楼がそびえ立っている。
目を右手に移すとサンジョルジョ・マッジョーレ聖堂とサンタマリア・デッラ・サルーテ聖堂が美しい姿を現してくる。
海の上に光と靄の中浮かび上がってくるこの光景は、それはそれは美しい。
 
本当は、アテネからの海路であるアドリア海からヴェネツィア入りが理想だが、ヴェネツィアの空の玄関口ヴェネツィア・テッセラ空港マルコポーロ国際空港)から水上バスが出ており、これならリーズナブルで海から行ける。夢の海上からのアクセスが叶うのだ。

f:id:KoichiHasArt:20200112210802j:plain

マルコポーロ国際空港からヴェネツィア本島まで水上バスで。
ところで、ヴェネツィア本島へは主に2つの行き方がある。

1つ目は陸路でのアクセス。

 

イタリア本土から鉄道が本島の玄関口サンタルチア駅まで出ている。
ジョニー・デップ主演の『ツーリスト』という映画でも登場する。駅を出たらすぐに運河が広がっており、いきなりヴェネツィア気分に浸れる。

 

鉄道の他にはバスでの行き方もある。
ちなみに本島には車などの車両は入れないため、騒音がない街だ。

2つ目は海上からのアクセス。

 

空港からの水上バス(ヴァポレット)や豪華客船など海からのアクセス。

今回はこの海上からのアクセスで、中世からのヴェネツィアの玄関口であるサン・マルコを目指してみる。
空港から外に出ると水上バスの乗り場があるので、水上バスに乗り込んでみよう。
 
海の道

空港から水上バス海上に出ると海が開けて気持ちがいい。靄がかかっている感じもヴェネツィアらしい。

f:id:KoichiHasArt:20200112210948j:plain

空港から水上バス海上に出ます(写真上)

海上を走っていると、海の中から信号のようなものが突き出ているのが見える。海の上に水上バスルートがあるのであろう。ここはヴェネツィアなんだなぁと実感する光景だ。

f:id:KoichiHasArt:20200112211046j:plain

水面に信号みたいなものが沢山ある(写真上)

やがて水上バスムラーノ島に入る。ムラーノ島ガラス工芸で有名だ。降りてみて散策するのもいいだろう。本島のように観光客があまりいないため、歩きやすい。

f:id:KoichiHasArt:20200112211204j:plain

ムラーノ島を通る(写真上)

このように水上バス乗り場がある。今回はムラーノを過ぎてまっすぐヴェネツィア本島を目指す。

f:id:KoichiHasArt:20200112211252j:plain

水上バスの乗り場が(写真上)
ムラーノ島を抜けると、本島を目指し再び海上に出る。
海上から突き出た信号が沢山見え始めた。いよいよ本島が近い。

f:id:KoichiHasArt:20200112211355j:plain

再び海上に出る。信号が多くなってきていよいよ本島が近い(写真上)

途中、空港行きの水上バスとすれ違う。空港まで船で乗りつけるのもヴェネツィアならでは。

f:id:KoichiHasArt:20200112211552j:plain

空港行きの水上バスとすれ違う(写真上)

本島の先端を回りサン・マルコを目指す。船も多くなってきた。この辺りからはリメンブランツェ公園が見える。現代アートの祭であるヴェネツィアビエンナーレはこの辺りで行われる。

f:id:KoichiHasArt:20200112211642j:plain

沢山の船が(写真上)

f:id:KoichiHasArt:20200112211722j:plain

本島のサンマルコに到着(写真上)
さあ、サンマルコに到着だ。時間は少しかかるが、空港から海の道を通ってヴェネツィア本島に入るのはとても風情がある。もちろん、サンタルチア駅から水上タクシーやゴンドラでサンマルコに向かうのもコストはかかるが最高だろう。
 
今では陸から本島へ道が通っているが、海からヴェネツィアへのアプローチは、言わば本来のルートだ。是非オススメしたい。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi