旅に魅せられて

旅をした一コマを文章と写真で紹介します。

アイガー北壁 (Eiger, North Face) 登頂困難な死の壁: スイス

f:id:KoichiHasArt:20200509110813j:plain

雲の合間にアイガーの山頂が見える

「あれがアイガーの北壁か」

まさに絶壁だ。1800メートルの岸壁は、ノースフェイスとか死の壁とか呼ばれる。

グリンデルヴァルトは名峰アイガーの麓に広がる美しい村だ。ここからゆっくりとアイガーを眺める。この北壁は、村からよく見えるため、村人たちは北壁を登る登頂者を村から双眼鏡で眺めていたそうだ。

僕も場所を変えながら様々な角度でこの山を眺めてみる。富士山を超える標高を持つアイガーは3967mもある。

 

アルプス三大北

アルプスには3つある難関登頂ルートが有名だ。それはアルプス三大北として知られる。1つ目はフランスとイタリアの国境にまたがるモンブラン山系にあるグランド・ ジョラス。4000メートルをゆうに越える山々が連なる難関。2つ目は有名なマッターホルン北壁。そしてアイガー北壁だ。

 

f:id:KoichiHasArt:20200509112328j:plain

クライネシャイデックからアイガー北壁を眺める

アイガーの初登頂は1858年にアイルランド人のチャールズ・バリントンによって成し遂げられるが、北壁からの登頂には時間を要した。1934年から試みられるが、墜落や凍死などで失敗。後に映画や小説になった有名な1936年の悲劇的な失敗がある。この事故以降一時登頂を試みること自体が禁止になった。

その後初登頂が成し遂げられたのは1938年。ドイツとオーストリアのチームによって達成された。快挙であった。

その後も数々の登頂史を刻むが、日本人の登頂達成者も何人かいる。また、新田次郎が小説に書いた「アイガー北壁」では、日本人登山家の模様を描いているため、アイガーに行くときに読んでみるのもいい。また、映画「North Face」は、上記の1936年の有名な遭難を描いており、アイガーの美しさとともにその厳しさをも描く。

 

f:id:KoichiHasArt:20200509134301j:plain

夕日に照らされるアイガーをグリンデルヴァルトから見る

アイガーを眺める

僕がインターラーケンからグリンデルヴァルトへ入ったのは、ある夏の日の昼頃だった。村を散策し、ハイキングコースであるフィルストへ行って午後いっぱい使ってハイキングをしながら、時折アイガーを眺める。見るたびにその雄大な姿にしばし心を奪われた。

そして夕刻、刻々と色が変わるアイガーを見に村はずれまで行ってしばらく眺めてみた。

f:id:KoichiHasArt:20200509134804j:plain

午後のアイガー。雲の上に山頂が見える。

f:id:KoichiHasArt:20200509134919j:plain

夕刻に近づき夕日を浴びるアイガー

f:id:KoichiHasArt:20200509135027j:plain

グリンデルヴァルトに日が落ち始めた

夕日が落ちていく光景の中にアイガーが佇む姿を見ると、何か広大な宇宙というのを感じさせられる。厳と揺るがないその姿は、何か神々しくもある。自然はかくも偉大で大きい。

この日、アイガー北壁は美しく光り輝いていた。

Photo and Writing by HASEGAWA, Koichi